Recruit - Diverseで働く

少子化や未婚率の高さが社会問題になっている昨今。そのソリューションの一つとして、 インターネットでの出会いや婚活を推進し、様々なライフスタイルの課題に合わせたサービス作りに共にまい進できる仲間を募集しています。

制度に頼りすぎない。
働きやすさは、人でつくります。

結婚も、仕事も、大事なのはPCより人に向き合うこと。

恋愛を、データ分析で後押ししていく。

選考ステップ

ご応募から採用までの基本的な流れは以下のようになります。

STEP1
ご応募
STEP2
書類選考
STEP3
一次面接
STEP4
二次面接
STEP5
採用

Development サービス開発についての紹介

Diverseのサービスの開発は、perl, ruby, python, go, objective c, java など、プロジェクトごとに最適な言語を担当エンジニアが選択できる風土があります。新しい言語や技術にも挑戦できる環境です。
サービスの歴史が長いためレガシーな部分もあるのですが、新しい取り組みへのチャレンジも欠かせません。最近では docker によるローカル開発環境や、 モバイルプッシュの AWS 化、jenkins による CI、プルリクによるコードレビュー開発など、レガシーからモダンなスタイルへの移行が加速しています。
また、なるべく多くのコードを書けるよう、実際の開発はアジャイルのような速度重視のスタイルをとっており、旧態依然としたドキュメント作成の作業などは全くありません。

<Diverseのエンジニア文化>
・使ってみたい言語や技術を即実行! 即導入!
・LINE(旧ライブドア)の第一線で活躍していたエンジニアとともにコードレビューやペアプログラミングができる環境。
・親会社であるミクシィのエンジニアとの勉強会や交流会が盛ん。

「プログラミング、プログラミング言語が好き」「新しい技術を使うのが好き」「興味を持ったことはとことん自分で調べる」。こんな方と一緒に働けることを楽しみにしています。

Work Style - 働く環境

Diverseの社名は、Diversity & Inclusion(多様性と包括性のある社会)を由来としています。
その名前の通り人と人が出会うこと、違う価値観を面白がれる人たちが集まっています。
そのため、様々なライフステージに合わせた働き方ができるよう会社環境も整備しています。

あらゆる立場の社員が働きやすいオフィス環境
<出産・育児と仕事を両立できる環境>
時短勤務制度のほか、勤務形態も業務内容と責任に応じて、フレックス労働制、裁量労働制を用意しています。決して拘束労働時間だけを評価指標とせず、 時間当たりの生産性を重視することで、ワークライフバランスを意識した働き方ができるようサポートしています。

<ダイバーシティを具現化した会社制度>
性別や年齢、国籍など、社員のさまざまな違いを受け入れ、それらを多様性のある会社の強みとして活かせる土壌作りを行っています。
例えば性別においては、女性の活躍推進はもちろんのこと、LGBT(性的マイノリティ)にも配慮した就業規則や福利厚生制度を用意しています。

<働きやすさを重視したオフィス設計>
本社オフィスは渋谷駅から徒歩8分のビルの中に置いています。社員一人ひとりが最大限のパフォーマンスを発揮できるように、広い執務エリアや快適な休憩スペースなどを用意しています。 また、すべての社員にデュアルディスプレイを用意しており、企画や開発に専念できる環境も整えています。

主な福利厚生制度
<結婚祝い金>
社員が結婚した際には祝い金を支給しています。支給にあたっての「結婚」の定義は、法律婚だけではなく、性別を問わず「事実婚」も対象としています。(同性同士の事実婚も対象です。)

<出産祝い金>
社員が出産した際には祝い金を支給しています。

これ以外にも、社員からのニーズによってさまざまな社内制度・福利厚生制度を用意しています。